お知らせ:表示

厚生労働省から「令和2年版 過労死等防止対策白書」が公表されました~過労死等の実態把握のために行った、労災認定事案や疫学研究の分析などについて報告~

その他情報

「過労死等防止対策白書」は、過労死等防止対策推進法の第6条に基づき、国会に毎年報告を行う年次報告書です。5回目となる今回の白書のポイントは以下のとおりです。

「令和2年版 過労死等防止対策白書」の主なポイント
1. 過労死等の実態把握のための調査研究として行った、労災認定事案の分析、企業の労働者等に
   対するアンケート調査結果、疫学研究等の分析について報告。
2. 長時間労働の削減やメンタルヘルス対策、国民に対する啓発、民間団体の活動に対する支援など、
   昨年度の取組を中心とした労働行政機関などの施策の状況について詳細に報告。
3. 企業や民間団体などでのメンタルヘルス対策や勤務間インターバル制度の導入など、過労死等防止
   対策のための取組事例をコラムとして多く紹介。
 
※「過労死等」とは
 (1)業務における過重な負荷による脳血管疾患・心臓疾患を原因とする死亡
 (2)業務における強い心理的負荷による精神障害を原因とする自殺による死亡
 (3)死亡には至らないが、これらの脳血管疾患・心臓疾患、精神障害  


詳しくはこちらからご確認ください