お知らせ:表示

厚生労働省から、令和元年「国民健康・栄養調査」の結果が公表されました

その他情報

厚生労働省から、令和元年11月に実施した「国民健康・栄養調査」の結果が公表されました。~自然に健康になれる環境づくりに向け、健康無関心層の実態を初めて把握~
 
【調査結果のポイント】
〇食習慣・運動習慣を「改善するつもりはない」者が4人に1人
・食習慣改善の意思について、「関心はあるが改善するつもりはない」者の割合が最も高く、男性24.6%、女性25.0%。(5頁:図1)
・運動習慣改善の意思について、「関心はあるが改善するつもりはない」者の割合が最も高く、男性23.9%、女性26.3%。(14頁:図11)
・健康な食習慣や運動習慣定着の妨げとなる点を改善の意思別にみると、「改善するつもりである」者及び「近いうちに改善するつもりである」者は、「仕事(家事・育児等)が忙しくて時間がないこと」と回答した割合が最も高い。(8頁:図5、16頁:図14)

 〇喫煙及び受動喫煙の状況については改善傾向
・現在習慣的に喫煙している者の割合は16.7%であり、男性27.1%、女性7.6%。この10年間で、いずれも有意に減少。(30頁:図40-1、40-2)
・受動喫煙の機会を有する者の割合は、飲食店29.6%、路上及び遊技場27.1%であり、平成15年以降有意に減少。(33頁:図46)


詳しくはこちらからご確認ください

【関連コンテンツ バックナンバー】

こころ軽やかメソッド

きょうから実践! セルフケア

経営者の健康に役立つ研究コラム