【全】Zoom
文字拡大 標準 拡大 標準 拡大
お知らせ:表示

「がんになっても安心して働ける職場づくりガイドブック」(国立研究開発法人国立がん研究センター作成)のご紹介   

その他情報

国立研究開発法人国立がん研究センター(理事長:中釜 斉、所在地:東京都中央区、略称:国がん)は、がんになっても仕事を続けたいと願う人と企業を支援するために、経営層ならびに人事・労務担当者に向けて「がんになっても安心して働ける職場づくりガイドブック」を作成しました。 
がん患者さんの治療と就労の両立には企業の配慮が欠かせませんが、対応に苦慮している企業が少なくありません。
ガイドブックには、大企業および中小企業の人事・労務などの担当者に聞き取りした現場での困りごとや課題について、国立がん研究センターがん対策情報センターが企業経営者や人事・労務担当者等で構成したアドバイザリーボードの協力を得て、これらの方々との議論を踏まえ作成されたものです。健全な経営のためになぜがん対策が必要なのか、具体的にどこから始めたらよいか、実際に従業員ががんと診断されたらどう動けばよいか、支援の進め方、必要な配慮等について解説しているほか、患者さんの実体験取材レポート、経営者/人事担当者インタビュー、企業の対応事例、がんに対する意識と備えアンケート、がん支援で心がける7か条等、企業の人事労務担当者がすぐに取り入れられる対応のポイントを紹介しています。
また、職場での支援においては、企業規模により経営余力や支援制度が異なる可能性もあるため、大企業だけでなく中小企業の実例も取り入れて、大企業編とは別に中小企業の担当者向けに中小企業編も作成されています。

「がんになっても安心して働ける職場づくりガイドブック」
1.中小企業編はこちらからご確認ください。
2.大企業編はこちらからご確認ください。