【全】Zoom
文字拡大 標準 拡大 標準 拡大
お知らせ:表示

厚生労働省から「平成30年簡易生命表の概況」が公表されました

その他情報

 厚生労働省では、このほど「平成30年簡易生命表」の概況を取りまとめ、公表しました。

 「平成30年簡易生命表」は、日本にいる日本人について、平成30年1年間の死亡状況が今後変化しないと仮定したときに、各年齢の人が1年以内に死亡する確率や、平均してあと何年生きられるかという期待値などを、死亡率や平均余命などの指標によって表したものです。
 
 0歳の平均余命である「平均寿命」は、すべての年齢の死亡状況を集約したものとなっており、保健福祉水準を総合的に示す指標です。
 
 日本の生命表として、厚生労働省では、「完全生命表」と「簡易生命表」の2種類を作成・公表しており、「完全生命表」は、国勢調査による人口(確定数)と人口動態統計(確定数)による死亡数、出生数を基に5年に1度作成し、「簡易生命表」は、人口推計による人口と人口動態統計月報年計(概数)による死亡数、出生数を基に毎年作成されています。


 ※詳しくはこちらからご確認ください。